アイアイール人事・労務研究所アイアイール人事・労務研究所

社会保険労務士個人情報保護事務所

Column
経営の知恵袋− 七転八起 −

2018.07.17

災害への備え、できていますか?

労務顧問, 給与計算

この度の西日本を中心とした豪雨により、被災された皆様ならびにご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様の安全と被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

東日本大震災以降、避難訓練を頻繁に行ったり水や食料などの備蓄品を定期的に見直すなど、家庭でも会社でも防災意識が高くなっているかと思います。
日本は災害大国と言われ、どこで地震が起きてもおかしくありません。地震だけでなく、台風、洪水、暴風、豪雨など様々な災害が起こりうる日本。1番大切な事は従業員やお客様の安全を確保することですが、安全が確認でき業務を再開しようとした時、即座に再開できますか?社内のインフラはどうでしょうか?社員さんへ給与はすぐ支給できる体制でしょうか?パソコンのデータのバックアップがきちんととれていますか?
正常な業務を再開するまで、時間がかかってしまうとしたら…できればそんな事態は避けたいですが、最悪の場合廃業を考える企業もあるかもしれません。

労務管理や給与計算はアウトソーシング化

アイアールは労務管理、給与計算をしている事務所ですので労務管理についてお話したいと思います。
まず災害の備えとして、社会保険や労働保険などの手続きを申請用紙に記入して提出しているという企業の担当者さん、今はほとんどの手続きがインターネットで電子申請できます。電子申請すれば行政からの通知書もデータで送られてくるため、パソコンに保存しておくことができます。万が一データのバックアップをとり忘れてしまっても、2年間は何度でも通知書を取り出すことができます。もちろん大切な公的な通知書ですし、企業が保管すべき期間も法律で決まっていますので、手続が完了次第データをお渡ししています。今まで書類で保管していたものがデータになると管理も楽になりますし、ファイルの数も削減できます。
地理的に遠方の事務所だからこそ安心という考え方もあると思います。
(アイアールは近隣はもちろん、東京や大分のお客様もいらっしゃいます)

既に電子申請で手続きをしている企業も多いかと思います。ですがパソコンを開くのはインターネットで検索するときだけ…という方もいらっしゃると思います。災害への備えの一つとして、手続きを電子化した方が良いけれど、自分ではなかなかできない…誰に相談したら良いのか…とお困りの方!是非、労務管理や給与計算をアウトソーシングしませんか?

このページにきていただいたのも何かのご縁かと思いますので、この機会に是非、労務管理、給与計算はアイアールへ!お問い合わせももちろん歓迎です。いつでもお待ちしております。