アイアイール人事・労務研究所アイアイール人事・労務研究所

社会保険労務士個人情報保護事務所

Column
経営の知恵袋− 七転八起 −

2019.05.28

人材難の今、求人以前に大切なこと

個別経営塾, 働き方改革パック, 助成金

こんにちは、アイアールの藤田です。

今日は「人材難の今、求人以前に大切なこと」をテーマにお送りします。

 

【人員の補充が容易でない時代】

最近、私の周囲の友人たちからこんな声が聞かれます。

「職場の同僚が退職してしまった。これまでならすぐに代わりの人が入ってきたのに…」

そう!今までは求人を出せば、新しい人が採用できて、人員の補充ができていたのです。

けれど人手不足が叫ばれるようになった近年、求人を出しても応募してくる人がいない、というパターンは確実に増えています。

「人が減ったら補充すればいい」という考えは通らなくなってきています。

 

そして友人の話の続きはこうです。

「人員が欠けた分、一人当たりの仕事量・残業が増えている」

「しばらくの間の我慢だと思って頑張っていたけれど、そろそろ限界。私も辞めたいかも…」

 

これでは退職の連鎖が起こってしまいます。

有効求人倍率の高さを背景に、「退職・転職」の選択肢が取りやすくなっているのも事実です。

 

求人を出して新しい人を募集することももちろん大切ですが、今いる人が離職しないようにすることはもっと大切なのです。

せっかく育った人材がいなくなってしまうのは、会社にとって大きな損失ですよね。

【職場環境の改善で離職を防ぐ】

昨今の人材難の影響、働き方改革の流れもあり、職場環境・労働条件の改善に取り組む企業様が増えています。

 

賃金をupする、残業を減らす、有給を取得しやすくする…

他社よりも良い条件を提示すれば、求人に応募する人も増えるでしょうし、離職したい人を減らせるでしょう。

逆を言えば、良い条件を提示できなければ、求人への応募も少なくなり、離職したい人が増えてしまう、ということです。

 

業務効率を改善し、労働環境を良くしていくことが必要ですね。

また、近隣他社・同業者がどのような条件で人を雇っているのか、アンテナを張っておくことも大切です。

【変化の時を迎えています】

働き方改革・有給取得の義務化・残業時間の上限規制・最低賃金のupなど、労働環境の改善に向け、国も新たな取り組みを次々と始めています。

今後、この流れは益々強くなっていくでしょう。

これまで通りの経営では、この波を乗り切るのは難しくなってくるかもしれません。

経営・業務のやり方を一から見直さなければならない時期が来ています。

この流れが本格化する前に、先手先手で対策を打っていくことが必要です。

 

労働環境の改善や、人材の確保・育成に有効な助成金もございます。

そういった制度を上手に活用しながら、事業主も労働者もWIN・WINな状況が作れたら、素晴らしいことですよね。

 

企業様にとってはデメリットと感じてしまうかもしれない「働き方改革」も、取り組み方次第で、業務改善・高収益化へのチャンスにできます!

 

アイアールでは、各種セミナー助成金に関するご相談対応経営塾働き方改革パックなど、あらゆる体制で会社様のバックアップをさせて頂いております。

経営や人材に関するお困りごとがございましたら、ぜひお気軽に、アイアールにお声がけください。