アイアイール人事・労務研究所アイアイール人事・労務研究所

社会保険労務士個人情報保護事務所

Service
サービス内容

就業規則guidline

「本当の就業規則」は、社風を改善させ業績をアップさせる!

「起業のころに法律で決められているからつくって、それから変えていない」。「厚生労働省のひな型を流用したけど、まったく役に立ったことがない」。もしそのような経営者の方がいれば、それはとてももったいないことをしています。【就業規則】は本来、“社風を改善し業績をアップさせるための絶好のツール”です。上手く使わない手はありません。社風がよくてポジティブな会社の未来を築くためには、業種という大枠で括るのではなく、あなたの会社に適した、実践的な考えに基づく規則である必要があります。それを可能にするのが、「社労士のつくる就業規則」。法律は会社や従業員を縛るものではなく、「みんなが気持ちよく働くためにあるもの」だと実感できる、発展的な“活きた就業規則”が、これからの企業経営には必要ではないでしょうか。

法ベースではなく経営ベース。会社を「未来へ導く」就業規則づくり。

一口に就業規則といっても、業種により、また事業規模や従業員数により千差万別につくり分ける必要があります。一般的にあまりそう考えられていないのは、「法律をベース」にして規則をつくるからです。アイアールネットワークの就業規則づくりは、法ベースではなく「経営ベース」。目的や意義、自社の価値観やビジョンを“社員全員で”共有し、ベクトルを同じ方向に向けていける就業規則をご提案いたします。また、従業員にとって不利益な変更だと誤解されないための適切な説明会や、合意書の収集まで、スムーズに新しい就業規則が運用できるよう徹底したサポートを行っています。何より私たちには、従業員10名以下から数百名規模まで、数多くの、そして幅広い企業を改善してきた実績があります。「よりよい会社をつくりたい」とお考えの経営者様、ぜひ一度、アイアールネットワークにご相談ください。

アイアールに依頼する
メリット

  • 法ベースではなく実践的な経営ベース
  • 会社と社員のベクトルを同じにできる
  • 説明会や合意書の収集など徹底サポート

お手続きの流れ

  • 1アイアールの就業規則づくりをご説明
  • 2経営者の理想を丁寧にヒアリング
  • 3経営者の言葉を条文にし、こちらからも提案、コンサルティングを実施
  • 4打ち合わせを繰り返し、内容をブラッシュアップ
  • 5行政機関へ提出し、正式な就業規則の策定

労務士eye

道をつくり、自由を与え、価値を共有するのが就業規則

就業規則は一般的には「これをやったらダメ」というネガティブリストだと思われがちです。しかし、きちんとつくり込めば「この会社ではこういうことをしたら、評価につながる」とか「ここまではOKで、この先がノーグッドか」など、ポジティブリストになり得ます。会社にとっての道をつくり、従業員に選択の自由を与え、双方の価値観を共有するのが、“本当にいい就業規則”です。
数多くのお客さまの喜びの声をいただいているアイアールネットワークの就業規則づくりは、自慢のサービスのひとつです。